PIZZADOMU.INFO

Guzel gotta site interpal dating too

複雑なシステムは様々な形で変化に抵抗します。社会的なシステムの場合でも、技術システムの場合でも、何らかの新しい変化によって影響を被る立場の人々が存在することと、人々が持つ心理的な惰性が新しいものを受け入れることを拒むこととがこうした抵抗の原因です。

 

これ以外に、新しいものへの移行が遅れる客観的な要因もあります。ある安定した、そのものとしては性能の高い旧システムから新しいシステムに移行する際には、どうしても一定期間、性能が低下する時期が生じてしまうことです。

 

よりよい結果を求めてシステムを変更したのに、変更した初期は性能が低下するため、変化に対する抵抗が強くなってしまいます。しかし、抵抗が一番大きくなるのは導入初期に生じる性能低下が最悪となるよりは前のことです。

 

なんといっても、動き出した変化は完結させたいというニーズが存在します。状態が最悪になる頃には抵抗は減少し始めて、最悪の時点を越えると消えてしまいます。こうして新システムは新たな最適状態へ向けて、発展の速度を上げてゆきます。

 

新システム採用の効果が得られるまでの移行期における性能の低下の程度は大きく複雑で洗練されたシステムであればあるだけ大きくなります。

 

原始的で性能の低いシステムではこうした性能低下の期間はほとんどないこともありますが、既に高度に発展したシステムでは(元来の安定度が高いので)移行の際に、以前よりも優れた状態を初めから実現することが困難なのです。

 

「進化を阻害する力と制約の進化」の進化のラインについては、(1)システムの進化の限界、(2)システムのライフサイクルの各段階における発展阻害要因、(3)心理的惰性の諸要素、(4)限界の克服と進化への障害の排除、(5)製品設計上の制約の減少、が挙げられます。

 

システムの進化には様々な限界があります。あるものは確固たる限界で、他のあるものは場合によって存在する限界です。たった1つの限界に到達しただけでもシステムの進化は止まってしまいます。これは艦隊全体の速度が所属する最も遅い船によって制約されるのと同様です。

 

「(1)システムの進化の限界」の進化のラインでは、①物理学、化学などの法則に関連する成長の限界(たとえば、光学顕微鏡は光の波長に関係する分解能の限界を超えることはできない、ハイゼンベルグの不確定性原理を逃れることはできない、など)。→②ある種の特性が一定の値に近づいたときに生じる漸近特性(たとえば、飛行機の速度が音速に近づくと空力抵抗は推力の増加分の数倍も大きくなります)。→③システムの新規性が高いことによって発生する限界(既存のシステムとあまりにもかけ離れたシステム、たとえば、新しいアイデア、新しい下位システム、装置などを過度に多く含んでいたり、まったく新しいアイデアや発見に基づくもの、新規の機能、新しい市場、新しい知識などを一編に生みだすなどの特徴をもった新システムは、社会に根付くまでに長い時間を必要とします。こうしたシステムが社会に受け入れられるのは、新しすぎるということが無くなった時でしかありません)。→④一般的な技術的限界(たとえば:a.技術システムのコストの増加と寿命の延長(例えば、飛行機)、b.システムの複雑さと内部の相互連環の増加(これによって、システムを変化 させることが困難になり、予期せぬ現象が発生することがあります)、c.システムの複雑さの増加による新製品テストの難しさ、d.顧客を満足させることのできる性能の達成、e.新しいものを創造する体系的な方法の不在)。→⑤環境に関連する限界(たとえば:a.多くのシステムや技術プロセスにとって最適とはいえない実際の環境に 関連する限界、b.製品や生産工程などによる環境に与える、汚染、損傷などの悪影響に関連する限界)。→⑥他のシステムに関連する限界(具体的には:a.市場における競争、b.資源の獲得競争)。→⑦特定のシステムに固有の限界(具体的には:a.システムの主要機能に関連する限界、b.システムの作動原理に関連する限界、c.使用している下位システム、技術プロセス、設計、素材などに関連する限界、d.様々なエネルギー源の使用に関連する限界、e.システムの規模を大きく変化させる場合の規模の効果に関連する限界)。→⑧最終製品のユーザーに関連する限界(具体的には:a.人体の能力の限界。力、反応のはやさ、人間工学など、b.心理的惰性や変化への恐れに起因するシステムの進化に対する意識的な、あるいは無意識の抵抗)。→⑨社会的な限界。なんらかの文化的要素、関係する社会的立場、社会団体(組織、宗教、政党、など)が特定のシステムの発展やあらゆる面での進化一般に対して、能動的、受動的に抵抗する(具体的には:a.多数の人々の非組織的な抵抗、b.何らかの集団あるいは組織による組織的な抵抗、c.革新を妨げる立法行為、d.変化に対して否定的な文化や教育)。→⑩市場に関連する次の限界(a.市場規模、市場の分化、b.市場における競合システムの存在、c.投資効率、回収時期を意識した現実的な投資行動)、のように進みます。

 

「(2)システムのライフサイクルの各段階における発展阻害要因」の進化のラインでは、①段階 0(a.理論的基礎付け、資金、市場に関する知識の不在、成功の見通しの不確かさ、予想しにくさ、b.システムに対する社会の否定的な姿勢、不信、嘲笑、システムの重要性に 関する無理解)。→②段階 1(a.一般的な心理、社会的な慣性、b.システムに対応する市場セクターの不在、c.極めて限定的な当初の市場における競合、d.当面の市場分野あるいは近接分野の既存システムの抵抗、e.対象分野の科学が未発達なこと、発明を要する課題を解決するための効果的な方法が存在しないこと)。→③段階 2(a.必要な資源をえる、生産を立ち上げる、要員を教育するなどのために必要な時間による制約、b.市場拡大する速度の制約、c.市場と投資の獲得をめぐる他のシステムとの激しい競争による制約、d.小ロットから量産に移行する際の規模の効果、思わぬ影響の発生などに関連する 技術的困難,e.様々な社会集団(宗教、エコロジー、極端な主張)などによる進化への抵抗)。→④段階 3(a.必要な資源を調達する可能性による限界、b.市場の規模、硬直で変化にしく市場セクター、c.システムのそれ以上の進化を妨げる基本的な限界への到達、d.様々な社会集団による進化への抵抗)。→⑤段階 4(a.新システム、新事業によって行われる当該システムの市場への侵入・奪取、b.新システム、新事業による当該システムの資源の引き抜き。特に、優れた専門家、 経営者(これによって老化し疲弊したシステムの破綻が加速される)、c.旧システムへの評価、投資家の信頼の失墜(これによって、旧システムの資金が 他の分野に移動する)。→⑥段階 5(a.資源の不足(特に社会の側にニーズと関心が存在しないこと)、b.旧システムの破綻による信用の喪失)、のように進みます。

 

システムの進化を阻害する主要な力の1つは心理的な惰性です。心理的な惰性は、長い歴史の中で人が身に付けた生きてゆくためのツールで、危険の潜んでいるかもしれない新しい行動を無意識に避けようとする傾向です。

 

文化が異なれば、変化に対する許容の度合いも異なります。社会が古いほどあらゆる変化への抵抗が強いといえます。過去数世紀、特に先進国における最近の数十年、は新しいものが登場する速度が早まり、しかもそうした新しいものが危険よりもはるかに多い恩恵をもたらす変化だったという事実にもかかわらず、多くの人々を説得し、心に深く根付いた心理を変化させるには充分ではなかったのです。

 

上に述べた、心理的惰性の一般的な理由のほかに、新しいものを受け入れてもらい、普及させるには数多くのより特殊な心理的要因を克服しなくてはなりません。

 

「(3)心理的惰性の諸要素」の進化のラインでは、①人の心理的防御(フロイトの自己保存欲動)。(人が何かの新しいアイデアが自分にとって危険だと感じたとき、同僚や上司とのあいだに葛藤が生じて、人間関係の問題が起きることがあります。そのアイデアがその人の心に合わないのです。人は無意識の内に、自分が能力が無い、理解力が無い、弱いように見える可能性を恐れているといえます。)→②自分の芝生を守ろうとする(縄張り意識は殆どの動物に共通する本能です)。(人も同じ本能を持っていて、自分の職業上の知識、学問やビジネスの分野での利害などを冒されたくないと感じます。このため、自分になじみのない出所や、自分の所属する専門分野では一般的でない形で出された新しい情報やアイデアの価値を正当に評価することが妨げられます。このような無意識の心理的な態度が、競争の可能性を意識的に拒否することに近づいてゆきます。)→③子供時代に形成されたものの見方。(何らかの影響力の強い権威の強い働きかけによって子供時代に形成された考え方がその人にとっては明白な真実になってしまうことがあります。何らかの新しい情報が仮に想像上のことであってさえ、こうした信念に反することを含んでいると、その情報やその情報に関連する人々に対する強い本能的な拒否感を引き起こしてしまいます。)→④筋の通らないこと、議論の余地のあることに対する恐れ(この心理が、当初はどうしても奇妙な感じを与え、賛否両論があり、論拠が弱い新しいアイデアを受け入れにくくします。論理的であることに重きを置けば置くほど、創造的なアイデアは受け入れにくい傾向がある)。→⑤常識的な生活の経験に基づく直感(新しいアイデアは大方うまくゆかないと考えがちです)。→⑥得るものと失うものとに関連する非対称的な反応(人は既に持っているものを失うことを嫌います。システムが幾つかの新しい機能を持つようになっていても、ユーザーの気持ちの中では、その代わりに以前有った使い慣れた機能が1つ失われることの埋め合わせにはならないと感じられます)。→⑦無意識の心理的抵抗感の理屈付け(これによって、本来は好みでしかなかったものがより合理的で説得力のある議論へと変わってゆきます)、ように進みます。

 

「(4)限界の克服と進化への障害の排除」の進化のラインでは、①システム利用の自然発生的な制約と限界。→②既存の可能性極限へむけたシステムの最適化を目指す改良。→③標準的なシステムが既存の原理を変更しない範囲で最適化の極限を達成。→④既存の制約や限界に関連する矛盾の増加。→⑤既存の限界を越える画期的な(従来の記録を破る)システムの創出。→⑥新しい物理原理に基づき、それに伴う新しい制約と限界を持ったシステムの創出、のように進みます。

 

今の時代には衣料品、靴、時計、電話、ペン、音楽再生装置、玩具、調理用具、などでは信じられないほど多様な商品が作られています。

 

こうした状況が生まれることになったのは、一定程度まで技術が進化すると、過去の時代には技術的、経済的事情によって製品の形、特性、更には機能などについて「こうでなくてはならない。」という制約があったものが、徐々に無くなってゆくためです。

 

今日では、多くのことが製品を設計する人の思いつきによって左右されています。

 

「(5)製品設計上の制約の減少」の進化のラインでは、①たまたまこうなったというだけの自然発生的な制約と限界。→②確認できないシステムの安全性の限界という制約。→③システムの機能を最適化することに関連する制約。→④製品のコスト削減ならびに生産の容易化などに関連する制約。→⑤大量生産のための必要条件に関連する制約、のように進みます。

http://i-triz.org/blog/?p=interpals-dating-site